読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

劇団綺畸2014年度新人公演稽古場ブログ

劇団綺畸は、東京大学と東京女子大学のインカレ学生劇団です。如月小春が東京女子大学在学中に創立。現在は東京大学駒場キャンパス内にある駒場小空間を中心に公演を行っております。

ラストティーン

どうも、作演さんの次に当たるとは思ってなかったです。
一年役者&webのいよです。

この間、誕生日を迎えラストティーンになってしまいました。12月24日!!クリスマスイヴです。そろそろバレンタインだというのにクリスマスの話をします。

季節のイベントの中でクリスマスが一番好きです。キラキラしたイルミネーションや街に流れるクリスマスソング、クリスマス用の包装とか特別なものが様々な所に溢れているからとてもわくわくします。
子供達がサンタさんを待っていたりする姿も大変良い物です。

ただ、小さい頃はサンタさんが嫌いでした。この時期、ケーキとなるとクリスマスケーキしかなく、必然的に誕生日ケーキはクリスマスの見た目をしていたのですが、必ずサンタさんやトナカイがいるのです。
なぜかこれが物凄く嫌いでした。自分の誕生日が主役じゃない感じがしたから、だったかと思います。プレートにも「メリークリスマス」が先に書かれていたりすると不機嫌になっていた記憶もあります。
父の誕生日は私の誕生日の前日だったので似たような境遇ではあるのですが、父は幼少期そのようなことはなかったみたいです。手のかかる子供だったなとは思います。

ちなみに今でもケーキのうえに乗ってるサンタさんは得意ではありません。だって食べられないもの。ちゃんと食べられるサンタさんつくろ?f:id:gekidankiki_2014:20150209134641j:plain

ホワイトクリスマス、みたいなものもいいですよね。雪が積もっていても、はらはらと空から降ってくるぐらいでも趣があるように感じられます。一度見てみたい。
雪は歩きにくいし靴がぐちゃぐちゃになるしあんまり好きじゃないんですけど、でも見るのはワクワクして好き。
誰も踏み抜いてない雪を踏んで足跡をつけたり、大学生になった今でもあえて寄り道してやってしまったりします。

とりあえず、クリスマスが好きだっていう話です。

今年一年もあっという間に過ぎて成人しちゃうんだろうな。楽しみなような複雑な気持ち。

この1ヶ月もあっという間にすぎるんだろうね。走り抜けますよ。バテないようにでも全力でやりますよ。

『春が始まる、終わりの朝』是非足をお運びください。

写真は作演さんからのお題、高校時代の写真です。修学旅行です。
f:id:gekidankiki_2014:20150209134740j:plain
ほんと、クラスでは静かにすごしていたので陰鬱な雰囲気が漂ってきますね。いやぁ変わるもんだ。

一年 内田